<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

take it easy

日常の「ぷっ」を追い求めるやんわりブログ。
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
おすすめサイト
懸賞・小遣い ちょびリッチ


お得なポイント貯まる!ECナビ









コラブロ
edita
ひよこ鑑定バイト

LINKS
PROFILE
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
神戸花鳥園
母とおデートしてきた。
9:30の開場に間に合うように行ったら、すでに30組くらい並んでいた。
中に入ると、
20070504_156114.jpg
でかっ!
子供の顔くらいある球根ベゴニアがお出迎え。
フクシアという花が、高い天井から手の届くところまで垂れ下がって
きれいな花を咲かせていた。

中庭の池へ歩いていくと、カモがわらわら。
20070504_156251.jpg
直接エサをあげることもできるのだが、見てるだけでも
十分楽しめる。
池のそばに、先月生まれたというカモの子供とふれあえる
コーナー発見。
「ちょっとこの子は暴れん坊なんですよ〜」
と言いながら、お姉さんは私の手に仔ガモを乗せてくれた。
本当にちょっと手を動かすとじたばたする暴れん坊将軍を
なんとか手なづけて、しばらくだっこさせてもらった。
萌え。

10:00に始まるペンギンエサやりイベントを目指して、
ペンギン池へ。
ここも人気があって、人だらけ。
文字通りペンギンに魚を食べさせる体験をさせて
くれるのだが、ものすごく並んでいるので、
インスタントカメラで写真だけ撮らせてもらった。
途中でエサがなくなると、30分の予定時間より早く
終わることもあるそうだ。

次なるイベント、10:30からのフクロウショーの
会場に行くと、すでに椅子は満席。
立ち見のお客もいっぱい。
何のことはない、スタッフのお姉さんが離れた
場所からフクロウを呼び寄せるのを見せて
もらうのだが、名前を呼ぶと、すい〜と飛んで
お姉さんのグローブに留まるのはお見事。
お姉さんが話しかけてもぷいっと横を向いたり
返事が小さかったり(気が乗らなかったと思われ)
掛け合いも面白い。
今日飛んでくれたのは、ミミズクのヒスイくん。
20070504_156118.jpg
ちょっと遠いのだが、真ん中に映っているのが彼。
去年生まれた子で、なんと私と同じ5月24日生まれ。
勝手に親近感を抱くジュンコであった。
ラッキーにも、お姉さんが私たちのすぐそばへも
呼び寄せてくれて、間近で見ても可愛かった。

ショーが終わって、看板鳥(?)の、バナナのような
くちばしをしたオオハシを目指して歩く。
スイレン池では、いろんな種類のスイレンがたくさん
咲いていた。
なのに、
20070504_156121.jpg
池のほとりのエサに集まる淡水熱帯魚に夢中で、
スイレンの写真は一枚も撮らなかった。

看板鳥(?)オオハシさんを見に行く途中で、
爆睡フラミンゴ発見。
20070504_156124.jpg
もう天気いいしあったかいし寝かせて〜、と
思っていたかどうかは定かでない。

ずいぶん回り道をして、やっと出会えたオオハシさん。
20070504_156127.jpg
これを腕に乗せたくて来たようなものである。
エサを購入して(なんかメロンっぽい感じの果物)、
早速オオハシさんのもとへ。
いちばん近くの子に、エサを持った左腕を差し出すと
すんなり乗っかってくれた。
わー!かわいい!かわいい!
喜んでいる間にもっさもっさエサをついばむ彼。
そしてエサがなくなると、あっさり去っていくのだった。
なかなかつれないお方であるが、たわむれるという一番の
目標を達成し、大満足。

人が多くなる前に退散しよう、と11:30過ぎに出ると、
今から並んで入ろうかという人々の長蛇の列が。
何時間待ちなんやろ…。見ただけで気が遠くなる。
私ならあきらめて帰りそうだ。

母「朝一で来といてよかったやろ?」
ジ「早起きは三文の徳ってやつ?」

…違うやろ。

そういうわけで、なかなか楽しい花鳥園。
今度行くときは、平日がいいな。
| 見聞録:おでかけ | 20:44 | comments(0) | trackbacks(0) |